【研修ブログVol.5】マーケティング研修

研修

マーケティング研修

スクリーンショット 2017-04-14 16.32.37

どちらがインパクトがあるでしょうか?

上の方が目を引きますよね!

このテクニックも色を使った、マーケティングの手法の一つです!

この記事を書いた人

新卒 中川拓海(左)

No.1宣言:成長率が高い男No.1

好きな果物:梨

新卒 纐纈澄美(右)

No.1宣言:自分のことのように相手の事を考えることができる女No.1

好きな果物:みかん

S__2301962

マーケティングの定義?

・営業せずとも仕事が舞い込む仕組み。

・売れないものを売れるようにする。

・マーケティングとは相手の感情や欲求を察知する真心のスキル

「事業を売れるように変える」5つの質問

ここでは、りんごの販売を想定して紹介します!

Q.1 あなたの商品はズバリどんな商品か?

S__1900548

商品の特徴2つを直感的に伝わるように説明する。

「メダカが泳ぐ川近くの農園で

土と水にこだわる山田さんに育てられました。」

この文章だと大自然の中で育ったりんごと言われるよりも

想像しやすいですよね。

Q.2 この商品を説明しただけで「なんとか売ってくれ。」と頭を下げてくださるのは、どのようなお客様か?

人が行動を起こす原因は、次の2つだけである。

「満足している状態」を「より満足している状態」にするよりも

「不満を感じている状態」を「満足している状態」にする方が人は動きやすい。

 

顧客の痛みを、自分の痛みとして感じられる感性が大切。

「アトピーの子供を持つ親が無農薬のりんごを食べさせたい」

Q.3 似たような商品がある中で、既存客は、なぜ自分の商品を選んだのか?

S__2392066

会社の何が評価されているのか、既存客の視点から考え、

その答えを新規客にしっかりと伝えられるように言葉にしていく。

「アップルパイの材料に最適なりんご」

Q.4 一体、お客様はどんなことに夜眠れないほどの悩み、不安を感じているのか?

sleep_nemurenai_man

顧客の内面を想像することで自分の内面にも深く入り始め、

自分にしかできないことが浮かび上がる。

お客様の内なるニーズを解決することで、一過性でない生涯にわたって付き合える関係となれる。

「無農薬な果物を食べたい。

口に入れるものは心から安心して選びたい。」

Q.5 何を根拠にその商品はお客様の悩みを解決するのか?

FullSizeRender

お客様の商品に対する不安を吹き飛ばす具体的な証拠を示す。

例えば、口コミやレビュー、生産者の顔。

お客様に圧倒的な安心感を与えることにつながりますね。

「直接顔が見える製品。」

商品が売れる法則 感情と欲求

感情

lgf01a201412240400-2

愛情や、郷愁など、感情に訴えかける商品が共感を呼びます。

例えば、重さを赤ちゃんと同じ重さにしたクマのぬいぐるみ。

商品名も、「生ビール」よりも「ごくごく飲める生ビール」の方がビールのおいしさが伝わってきます。

欲求

onaka_heru_man

空腹や、暑さ、寒さを避けたいなど、

欠乏状態を脱出するためにニーズが発生します。

例えば、運動後の飲み水や空腹時のご飯、

真冬には寒さをしのぐマフラーが欲しくなります。

 

終わりに

マーケティングは身近な商品を始め、意外なところに使われています!

色使い、言葉選び、商材選びなど多くの要素がありますが、

その源泉はどうすればお客様に喜んでいただけるかという視点に立ってニーズを察知する

真心を育てることがマーケティングの第一歩だと思います!