不動産管理会社とオーナー様との契約2種類

投資用不動産を購入されたオーナー様が悩まれるひとつに、賃貸管理があります。

不動産管理会社とオーナー様との契約には、大きく分けて2種類あります。

契約形態には「集金代行契約」と「サブリース契約(一括借上)」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

集金代行契約

集金代行契約とは、オーナー様の代理人として「入居者の募集、契約手続き、賃料回収、滞納回収、解約手続き」など行って頂ける契約です。

メリットは、”入居者の賃料がそのまま家賃収入(管理会社毎の管理手数料は支払う必要がある※ほとんどは3~5%が多いです。)”になることです。

デメリットは、”空室時に家賃収入が0”になることです。

 

サブリース契約(一括借上)

サブリース契約(一括借上)とは、管理会社が部屋を借りてくれる契約です。

メリットは、”空室時でも管理会社が賃料を保証してくれる安定した賃料収入”です。

デメリットは、”管理会社が借主になることで集金代行契約よりも賃料が安くなってしまう”ことです。

集金代行契約時の契約賃料を100%と考える80〜90%程賃料が安くなることが多いです。

 

集金代行契約とサブリース契約(一括借上)はどちらが得なのか

一概にどちらが得とは言えません。

物件の立地などから空室のリスクが高ければ、サブリース契約の方が無難ですが、管理会社の入居者様を見つける力が強ければ集金代行契約にする方が得であると言えます。

管理会社に物件の情報を教えて頂き、その上で契約形態を選択することをオススメします。